競い合うように新たな世界を構築し続ける
各界のリーディング・デザイナーたち。

一線級のデザイナーたちは一切の妥協をせずこだわり続けます。
それぞれの本業でそうであるように、高度なデザイン、品質へのアプローチ手法を
プランターの世界に持ち込み、より完成度の高いモデルを創出しています。

123

岩田 浩司

Hiroshi Iwata

プロダクトデザイン事務所「adoria company」代表。インテリアや建築、プロダクト関連のインハウスデザイナーとして合計16年余りの経験、実績を積み2004 年に独立。『商品は使う側の人に優しくて、その役柄の意味を十分発揮するモノだ』というポリシーのもと、家具をはじめ、生活用品、雑貨など幅広いジャンルのプロダクトデザインを手がけている。

テレサ・サペイ

Teresa Sapey

1990 年よりマドリードにデザインスタジオを設立、そこを拠点に活動する建築家。旺盛な好奇心とエネルギッシュな活動で家具ディスプレイ、グラフィックデザイン、編集業務など幅広く活躍。その持論は「デザイナーはフィーリングで動くだけでなく、クライアントにきちんと伝えていく事が重要。例えそれが3 次元でも4 次元でも」。

ファビオ・ノヴェンブレ

Fabio Novembre

1966 年、Lecce 生まれ。1992 年、ミラノで建築の学位を取得。1993 年、ニューヨーク大学で映画- ディレクター科を専攻し、ロンドンに移りデザイナーとして活躍。その後、ミラノにて自身のスタジオをオープン。2000 年から2003 年まで、モザイクタイルの国際的ブランドBisazz でアートディレクターとして活躍。

ステファノ・ジョヴァンノーニ & エリーサ・ガールガン

Stefano Giovannoni & Elisa Gargan

ステファノ・ジョヴァンノーニはミラノ在住の建築・工業・インテリアデザイナーであり、アイコンやヒット商品のデザインを手掛けている。その妻でありパートナーのエリーザ・ガールガンは、工業・インテリアデザイナーである。ふたりは多くの有名企業との仕事を請け負っている。

ハビエル・マリスカル

Javier Mariscal

ハビエル・マリスカルは、まず第一に、あらゆるサポートと鍛錬を以て自らの仕事を創っていくイメージ・クリエイターである。家具のデザイン、絵画、彫刻、イラスト、インテリアデザイン、グラフィックデザイン、造園、ガーデニングとは、すべて彼にとってのプロフェッショナルかつ精力的な活動の基である。メンフィス、アカバ、ビダソア、BD Ediciones de Dise N O、モローゾ、Nani Mar quina、Vorwerk、Equipaje、Alessi、サンゲツ、Magis、Cosmic、Amat3、Santa&Cole、Lali que、Phaidon などの有名企業とコラボ。彼は、意図としては複雑だか言葉としてはシンプルで、天真爛漫だが挑発的で、創造し、思い切り、伝達するする為の独自の言葉で、自らを表現する。彼は彼自身の作品を見て、その眼を駆り立てることを楽しんでいる。

ラモン・エステーヴェ

Ramon Esteve

1990 年、マドリッドのETSAM 卒業。1991 年自身のスタジオを設立し、建築の設計、インテリアデザインを手掛ける。さらに工業デザインや芸術ディレクターなどでスペインだけでなく国際的に活躍。調和、落ち着き、不可欠性は彼のデザインにおける重要なテーマである。彼の手に掛かると住まいは単なる建築物以上に変貌するのだ。包み込むような温かさがそこに生まれる。

ルドヴィカ & ロベルト・パロンバ

Ludovica & Roberto Palomba

その創作は常にカルチャーへの考察に満ちたものであり、その企画は人の振舞いの変化に対する観察から引き出されている。彼らのミッションは、機能性・革新性・生命- 本質的で情熱的な永い繋がり- を融合したモノを作り出すことである。「良いデザインは共通の無意識のようなものの中に存在していて、私たちの仕事はそれを形にして届けることだと信じている」と彼らは言う。真の傑作デザインは必ず、発見したときに新鮮さを感じさせつつも馴染みがあるものだ。

ア・セロ

A-cero

スペインで1996 年、Joaquin Torres とRafael Llamazares によって設立された会社で、建築開発プロジェクトを首尾一貫で手掛ける。Joaquin TorresとパートナーのRafael Llamazares が牽引してきたチームは今や60 名を超え、スペイン・ドバイ・ドミニカの各オフィスで様々なプロジェクトに取り組んでいる。「我々の仕事のメソッドは、クライアントの要望とプロジェクトの計画の詳細な分析に基づいている。想像し、予測し、そして答えを引き出すんだ」。成功の鍵は、すべてのプロセスにおいて初心を忘れないことにある。

ハリー & カミラ

Harry & Camila

ミステリアスな造形で知られる、21 世紀の刺激的なデザインの旗手。その未来的なシェイプは、高速化されたテクノロジーの回顧であり、彼らのファンタジー世界の航空機や宇宙旅行の想像図である。彼らのデザインに対するアプローチは、物質と予型論への実験に根ざしている。Harry はオランダ出身、1966 年にデザインの学位を取得。2002 年、Camila と共にバルセロナに移住し、多数のデザイン製品の作り手との仕事に勤しんでいる。オランダとラテンの自由魂の素晴らしい融合を以て、世界中の幅広いクライアントと協働している。

ジョエ・ヴェルート

Joe Velluto (JVLT)

イタリア・ヴィツェンツァをベースとする、工業デザイン・コミュニケーションスタジオ。2002 年"RosAria" プロジェクトにおいて、エアキャップシートの使い捨てロザリオを出品し、それは現在ミュンヘンの工業デザイン博物館に永久展示されている。2005 年より、同スタジオ所属のメンバー達がイタリアの有名大学で教鞭を取っている。2008 年にはペットボトル取付型シャワー"Saver" がイタリアのデザイン年鑑"ADI Index" に収録された。

アレッサンドロ・ブザーナ

Alessandro Busana

1998 年Scuola Italiana Design の工業デザイン科卒。1999 年よりRollerblade・Alfa Romeo・Alessi 等のワークショップに参加。2004 年より創造的デザインを重視した製品を国内外の前衛芸術展に出品し、有名誌に多数掲載される。2009 年にR&D のコンセプトスタジオ"Hole Design" を創設。THE NEW ITALIAN DESIGN, NAZIONALE ITALIAN DESIGN, Milan Design Week, WONDERFUL WATER WORLD 等の展示会・イベントに多数出展。

ルカ・ニチェット

Luca Nichetto

ベニス生まれ。IUAV 工業デザイン科卒。ガラス工芸・照明メーカーのデザイナーとしてスタートし、その後Nichetto&Partners Design Studio を設立。工業デザインとそのコンサルティングに携わる。グランデザイン賞、シカゴデザイン博物館グッドデザイン賞、IF デザイン賞等、数々の国際アワードを受賞。現在はEstablished&Sons、Fratelli、Guzzini 等、多くのグローバル企業と協働している。

123




デザインプランター専門 松尾貿易商会

レチューザシリーズをはじめとした大型デザインプランター・コレクション

松尾貿易商会はデザインプランターから伝統のテラコッタ、さらにファニチャーを加えた豊富なラインナップを擁する大型プランター専門会社です。
ドイツ、イタリア、スペイン、ギリシャ、オーストラリアをはじめとした海外から、これまでにはないデザインプランターの数々を輸入し日本市場にご提案いたします。


有限会社松尾貿易商会
〒350-1222 埼玉県日高市大谷沢667-2
TEL. 042-984-0808 FAX. 042-984-0818

MATSUO
DESIGN PLANTER &
FURNITURE
COLLECTION
デザインプランター&ファニチャー総合カタログ